kaminRe’s blog

気ままに徘徊している者です

信用されて生きる、その逆はあり得ないのか?

お久しぶりです。こんばんは。

外の気温もだいぶ下がり、肌寒い夜となって参りました。

秋が顔を出した、という感じでしょうか?

 

北海道では丑三つ時に地震が起こりました。

地元が北海道にあるのですが、私の地域は震度5強を観測する揺れでした。

2日間は電気・水道と使えなくなり、生活を工夫しながらの暮らしでして…

如何に電気に頼る生活をしていたのかを身に染みて感じましたね。

昔の人は電気に頼らず太陽を手掛かりに暮らしていたと聞くと、今の生活がどれほど恵まれているのかが分かります。

それでも生粋の現代人なので、電気がない生活は苦しいのですが。。。

これはもう新しいエネルギーの開発が必要になるんじゃないかなって勝手に思っているこの頃です。

簡単に開発と言いますけど、普通の一般人に何ができるんだって話ですよね。

電力に頼りっぱなしという訳にも行かないので、、、

少しはエネルギーの基礎から学んでできることを取り入れていこうかと思っています。

きっとヒントが見えてくるはずだと信じてやまないです。

新しいことをするにしてもやっぱり基礎の部分は必要になりますからね。

参考文献で貴重な存在になるはず。そして土台崩しを狙う。笑

まだ余震は続くので安心はできないです。と言っても地震が起こる環境にあるのでどこに行っても同じですが。

自然は今もこうして頻繁に活動してるので、生きてるんだなと呑気に思っていたりします。

人間の生活が脅かされるという内容のものをよく目にするのですが、所有物でも何でもないので違和感が。

人間だけが生きてる訳でもないですし、他の動植物も食物連鎖しながら生きていますし。

自然環境と人間が住める環境にするっていうのは難しいですね笑

そして今の科学をそのまま信じるのは少し違うかなっていう見方も。笑

実は地球温暖化は関係なかったというのもありますし、勝手に名前を付けて終わりにしてるだけの可能性もあるんじゃないかなと思い思いに。笑

そうなると何が事実なのか分からない状態になりますね。

生きてるうちに根拠づけて名前を付けてああでもない、こうでもないということは可能ですが、本当の意味で全てを理解するというのは難しいと個人的に思います。

確かに色々発達はしていますが、それは納得してもらえたからっていうのもあると思います。

信じることができなかったらその道を便りに進むことはできないでしょう。

あるかないかよりも可能性を多く見つける性格なので、一括りにして転がして遊ぶ。

それが科学の醍醐味だと自分が信じてるので、その道に進んで行きたい。笑

分からないまま謎に包まれて推論を立てるのはとても面白いことですし。

どうあっても問題なく存在するのであれば、それはひとつの答えではないでしょうか。

謎が多いからこそ挑戦して自分なりに翻訳する楽しみを与えられたのだから、その才能を持て余すことなく使っていきましょうよ、という思考実験です。笑笑