kaminRe’s blog

気ままに徘徊している者です

奏でる音色で伝える自分の気持ち

 

数週間ぶりです、こんばんは。

いちごみるくよりキャラメルマキアートのほうが甘くないことに気づいた夜です。

あまり意識してなかったせいかな?

その辺りはメーカーさんによっても違うということで結論を出しておこう。

 

突然ですが、皆さんは歌っていますか?

歌うことにはたくさんのメリットがあります。

歌うことのメリットについてはこちらからどうぞ。

口ずさんでみんなハッピーに!「歌」を歌う効果7選 | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

 

音楽が好きな人にはもってこいですよね!

ブログ主も音楽は好きです。

もう小さい頃からたくさん聴いています。

お気に入りの歌をベランダで熱唱するのが流行ったこともあったくらいに。

学校の登校中に朝からばんばん歌っていたこともありましたとも。

確かにその頃はあんまりストレスなく生活してた覚えがあるなと。

心が平和だったのはいつも歌ってたからだったのか?

まあそんな大げさなことを

歌うことは喉が調子悪いとき以外は楽しめるんじゃないかなと思うようになりました。

そんなときでも鼻声ぐらいなら歌ってよく風邪を治していました(笑

嗄れるかなと思ったりもしたのですが風邪のストレスから解放されたみたいで元気になってくれます。

病院行きは嫌いなことからも自分でなんとかしようとしたんでしょうね。

嫌いっていうのはきっと病院の小道具がぎらぎら光って怖かったことからだと思ってますけども。

歌って菌を散らかしたお陰で家族にうつして満足してた覚えが…

誰もいない場所ならありになってくれるんですかね?笑

うつさない程度で歌を楽しむことにしよう

歌いすぎも逆効果になりはしないかと思ってみたり。

喉を痛める歌い方はしたことないのでそこは問題ない。

ただ、夜行性なので夜にテンションがあがりすぎて騒ぐことがないようにはしたい。

あんまり騒ぐこともなさそうだけど。

そのうち酔っぱらって何をしでかすのかわからないので自分に言い聞かせておく。

迷惑がかからなければいいことばかりの歌をうまく活用したいものです。

気分が乗らないときはまた別なもので癒しとゆっくり休むように心がけながら。

活舌がよく悪いと言われるので少し歌でよくなればいいなと…

心地がいい歌を歌うと、ことだまがその通りにしてくれるものと信じて。

ストレスが多めなときは自分の気持ちと合った歌を

しばらくしたら明るめの曲にしたほうがいいと最近思うようになってきた。

暗めの曲が好物だったりしますが自分も同じように捻くれさせちゃうので(笑

テンションが高めなときだけにしたほうが無難かな~

言葉が歌ってる本人に乗り移っていくといいますか

そのときによく音楽は生きてるんだなと感じることがあります。

音楽が嫌いな人は聞いたことがないのはここからも来たりするのかな?

元気なギターサウンドは耳に心地よさと癒しを与えて過ぎ去っていきます。

後味悪く残ることもなくさらっとさりげなく

騒いだ後の静寂に近いものをたまに感じる

元気を与えられた後は何でもできそうな気がするからその調子に乗っかっていこう!

音とともに去るのが音楽に精通する者にふさわしいと感じながら通り抜けていきたい

透明な色しか残っていない世界は輝く水飛沫のように…